夜な夜な寂しいと感じたり、人といるのに孤独を感じてしまったり‥。誰しもが寂しい時を経験したことがあるのではないでしょうか?

この寂しい時。どのような時に寂しさを感じてしまうのでしょうか?また、どのようにしてこの気持ちに向き合えばいいのでしょうか?

周りの人との間に精神的なつながりがない時

寂しいと感じる一番大きな原因が、人との繋がりが切れてしまっている時です。物理的に1人でいる時はもちろんのこと、誰かと一緒にいる時でも寂しいと感じてしまうことがあります。例えば、職場に理解してくれる人がいなかったり、彼氏や友達と一緒にいるのに相手の考えていることがわからなくなったり。

人と一緒にいたら寂しくないと思われがちですが、近くに人がいるのに寂しいと感じてしまうと、余計にその気持ちが際立ってしまうことがあります。

別れがあった時

実際に別れがあった場合は、多くの人が寂しさを感じてしまうでしょう。彼氏と別れた時、同僚が退職する時、友達が引っ越してしまう時、誰でも寂しい思いをした経験があるでしょう。

「ほしい」気持ちが強くなっている時

かまってほしいとか、そばにいてほしいとか、愛してほしいとか、見てほしいとか。誰かに何かしてほしいと思っている時は、心が満たされていないので寂しさを感じやすいです。反対に、自分が誰かを愛している時、もしくは誰かの役に立とうとしている時は寂しさを感じないことが多いです。

では、どのような原因があって、寂しさを感じてしまうのでしょうか。

  • 自己肯定感が低い、自己否定が強い
  • 愛されたいという気持ちが強い
  • 感情を抑え込む癖がある
  • 人に本音が話せない

などが挙げられます。全ては、寂しいと思う方に多く共通するものだと思います。

寂しいと感じることは、誰でも、いつでも、起こり得ること。では寂しさを乗り越える具体的な方法をお伝えします。

受け入れる

寂しいと感じると、嫌な感情だからできれば無くしたいと思う人が多いですが、実は逆効果。寂しいと感じたら、まずは自分の感情を受け入れましょう。

人に話す

寂しいということを素直に人に話してみると、案外楽になるものです。隠そうとしたり、溜め込んだりすると、ずるずると考え込んでしまい、余計に寂しい思いをしてしまいます。彼氏、家族、友達、カウンセラーなど、複数の人がいるとなおいいです。

人に対して何かいいことをする

寂しい時は内向的になりがちですが、逆に外側へ向けてみましょう。自分が何かをする側になると良いでしょう。例として、人を褒めることがいいとされています。褒めようとすると、相手のいいところを探すため、自分の寂しさに目がいかないものです。そして、感謝をされると気分が上がり自己嫌悪や寂しさが癒されるため、精神的な好循環となります。

V SELECTIONでできること

当店は性感マッサージ店になりますが、性感マッサージ以外の目的で利用される方も数多くいらっしゃいます。

寂しい夜に一緒にいてくれる人を探している。辛い時に悩みを聞いてくれる男性がいてほしい。などの理由でご利用される方も多くいらっしゃいます。当店のセラピストはマッサージ技術だけでなく、女性を思いやり、極上な時間を提供するエスコート精神も持ち合わせています。

1人で寂しい時の心のケアとして、女風を利用するという選択肢も非常に効果的といえます。